のんびり姉妹ママのおうち知育

4歳、1歳ののんびり姉妹のアラサーママ♡おうち知育やおうち英語について♡おすすめおもちゃも♪

【おもちゃ】4歳の積み木遊び〜disney KIDEA〜

f:id:na_tanmama:20190220214348j:image

 

disney KIDEA

我が家の年少長女は積み木遊びが大好きです。

 

4歳でまだまだ積み木遊びが大好きなことはとても喜ばしいことだと思います。

刺激の強いおもちゃが多い中、まだ積み木に夢中になれるということが、すごく嬉しいです。

 

そんな積み木遊びに一役買ってくれてるのが

 

disney  KIDEA

f:id:na_tanmama:20190220220200j:image

 

我が家の積み木遊びに欠かせないものとなっています。

 

売っている場所は?

売っている場所は主に

 

以上の五ヶ所になります。

我が家は、二子玉に行ったついでにダッドウェイでパパがお土産がてら買うことが多いです。

 

disney KIDEAの好きなところ

disney KIDEAは色々な遊び方ができるんです!

  • バランスゲーム
  • ごっこ遊び
  • 積み木遊び
  • ドミノ倒し
  • 汽車あそび

 

子供の想像力が豊かになります。

それになにより可愛い!

子供もママも癒されます。

 

特にお気に入りなのはバランスゲームとドミノ倒し。

f:id:na_tanmama:20190220221033j:image

普段ドミノ倒しの遊びなんてしないですよね?

結構慎重に置いていくので、集中力が鍛えられます。

 

積み木の最後に乗せたり♪

f:id:na_tanmama:20190220221153j:image

カプラと組み合わせて遊んだり♪

f:id:na_tanmama:20190220221214j:image

 

積み木遊びの後に展開していくこともできるので、長時間楽しめるんです。

我が家では、積み木遊びのスパイス的な役割です。

 

2歳の時の誕生日から集め始めたので、最初はできなかったバランスゲームもできるようになったり、ドミノ倒しを並べるようになったり、成長を感じます。

 

1歳の次女もお気に入り

勿論1歳の次女もKIDEAが大好きです。

次女の遊び方は、私が積み上げたKIDEAを崩してゲラゲラ笑ったり。

積み木を箱に入れたり。

「ミッキー!ミッキー!」と喜んでます。

 

まとめ

disney KIDEAのおかげで4歳になっても積み木遊びが大好き。

その理由は、

  1. 積み木遊びのスパイスになる
  2. 遊びが展開していける

以上の2点でした。

 

disney好きの方にはぜひオススメしたいです。

(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡︎

 

元の積み木は立方体やカプラがおススメです♪

KAPLA カプラ200 【正規輸入品】

KAPLA カプラ200 【正規輸入品】

 

 

 

立方体積み木【10個セット】

立方体積み木【10個セット】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ひな祭り】ひな祭りをもっと楽しむアイテム3選

f:id:na_tanmama:20190218214451j:image

もうすぐひな祭りですね!

雛人形を飾りました♪

 

我が家は

  • 長女→ちりめん雛人形
  • 次女→吊るし雛
  • 2人用→ママから受け継いだ実家にある雛人形

 

この3つです。

娘達はとっても喜んでくれました。

 

マンションにはウォールステッカーがおすすめ

マンションに飾る雛人形は、小さめの方が多いと思いますが、そうすると可愛いけどこじんまり。

そこで一気に華やぐウォールステッカーがおすすめです。

我が家も今年初めて貼ってみたところ、とにかく写真栄えします!

これは買ってよかった!

なんと写真加工なしです。

f:id:na_tanmama:20190217222131j:image

ちなみに去年は↓

f:id:na_tanmama:20190217223026j:image


 

一緒に見よう、きせつの図鑑

飾ったその日の夜に、長女と図鑑でひな祭りの行事を確認。

この図鑑は月初めに大体読んだりしています。

かなり重宝するので、3歳すぎたら用意してあげるのをおすすめします♪

f:id:na_tanmama:20190217222352j:image

 

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

 

 

 

オルゴールも♪

子供達が夢中なのがひな祭りの曲が流れるオルゴール。

これはぜひ一緒に飾ってあげることをお勧めします。

長女は自分で流したり、次女はかけてくれとせがんできます。

ひな祭り気分が盛り上がること間違いなしです♪

f:id:na_tanmama:20190217222705j:image


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雛人形を揃え終わったら

  • ウォールステッカー
  • 季節の図鑑
  • オルゴール

 

こちらのアイテムでひな祭りを盛り上げてみてください♪(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡︎

 

【知育】おもちゃの模様替えしてますか?

こんにちは。

皆さんは、おもちゃの模様替え定期的にしていますか?

おもちゃの模様替え

我が家では、3ヶ月に一度位おもちゃや棚の配置換えをします。

 

おもちゃの配置換え必要?

私は、子供のおもちゃは、3ヶ月に一度程模様替えすると良いとおもっています。

その理由は

  • ずっと同じおもちゃの配置だと、遊ぶおもちゃと遊ばないおもちゃにわかれる
  • 定期的におもちゃの見直しができる
  • 常に新鮮な気持ちで遊べる
  • 満遍なく能力を伸ばせる
  • 発達に合わせた遊びをしやすいように誘導できる

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

模様替えなしだと遊ぶおもちゃと遊ばないおもちゃにわかれる

子供にとって、手に取りやすい場所って大体決まってるんです。

必然的に全てお気に入りのおもちゃでも、出番が少なくなったりします。

なので、たまに場所を変えることで遊ぶおもちゃが変わります。

 

おもちゃの見直しができる

3ヶ月に一度の模様替えの時に、入りきらないものを処分したり、しまったり、売ったりしています。

子供の敏感期に敏感になるのが大切だと思っています。

 

常に新鮮な気持ちで遊べる

上記のように、場所を変えることによってよく使うおもちゃが変わります。

 

満遍なく能力を伸ばせる

最近積み木遊びが少なめだから取りやすい位置にしよう、とか、次女の手先のつまむ作業をさせたいからパズルを取りやすい場所におこう。

などと考えて、使って欲しいおもちゃを目立つ場所に置いていきます。

それによって、バランスを取ることができます。

 

発達に合わせた遊び

これは特に次女に合わせていますが、とくに敏感な0〜2歳は、どんどんできることが変わっていきます。

なので、いまやりたい取り組みを前面に出していきます。

 

オススメの棚

我が家で主に使ってるのは、IKEAのTOLOFASTと、無印の棚です。

とにかく、縦にも横にも使えるものが良いです。

横にしてキッチンにしたり、縦にしてパズルを取りやすくしたり、その時の状態に合わせて変えます。

クリスマスの時期なんかは、場所を小さくしたいので、縦長に使います。

f:id:na_tanmama:20190215231317j:image

いまは、クリスマスの時期に縦長にしたので、そのまま使っています。

もうすぐ3ヶ月経つので、そろそろ模様替えしようかなーと思ってます☆

 

収納棚は増やさない

ある程度収納の棚を買ったら、それ以上増やさない方がいいです。

棚を増やすと、どんどん家が狭くなります。

そこでオススメなのが、100円SHOPのカラーボックス用の箱。

これを棚の代わりにして使ったりしています。

おもちゃが減っていったら処分できるのですごく便利です。

ダンボールと書いてあるやつです。

f:id:na_tanmama:20190215231336j:image

まとめ

子供のおもちゃ、せっかく買ったのに使ってない。

積み木もやって欲しいのになぁ。

など子育てしていると沢山の思いを持っていると思います。

 

子供は純粋に、

  • ただ目についてないだけ
  • 取り出し辛い
  • しまい辛い

だけのことがよくあります。

 

なので、ぜひ、3ヶ月に一度、がらっと場所を変えてみてください!

驚くほど夢中で遊んでくれますよ♪

コツは、棚の配置をかえることです。

とくに、縦から横、横から縦は1番変わります。

ぜひ試してみてください♪

 

 

【金融教育】4歳年少のお小遣い稼ぎスタート

年少長女、お小遣い稼ぎを始めました!

 

前回書いていた、お年玉の話。

↓ 

 

www.na-tanmamalady.life

 

前回、2000円をお小遣いとし、残りで株を買うことを決めました。

証券口座は只今準備中。

 

長女に提案

ママ「お年玉のお金で本屋さんで自分で選んで買ってみない?」

長女「やりたいやりたい!プリキュアの本買いたい!…うーんでも○○ちゃん他に欲しいものがあるんだぁ。」

ママ「何欲しいの?」

長女「プリキュアのおもちゃ!」

ママ「どれが欲しいの?」

長女「これ!このプリキュアのやつ!

 

長女が欲しいものは、

スタートゥインクルプリキュアの、スターカラーペンダントでした。

 

でも、長女のお年玉の2000円ではお金が足りません。

貯金箱のお金を見たら、あと残り2000円が必要でした。

 

そこで、ママは

ママ「でも、ペンダントは高いから今持ってるお金じゃ買えないよ?」

 

すると、その場にいたばあばが、

ばあば「お手伝いして貯めたら?」

長女「お手伝いしてお小遣い貯める〜!」

と。

それで、本屋で買うのは中止になり、お手伝いをしてお小遣いを貯めて、プリキュアのスターカラーペンダントを買うことになったのです。

 

お手伝いの内容

  • 10円 床拭き 
  • 10円 ドア拭き 
  • 10円 お風呂掃除
  • 10円 洗濯畳み
  • 30円 おつかい(パパと)
  • 50円 マッサージ(足の裏踏んだり、体を押したり)

 

大体が上記の内容になります。

 

お風呂掃除は少し手伝います。

おつかいはパパと行きます。

他は全部1人でやってくれるので正直ママもかなり助かります。

 

お小遣い稼ぎのメリット

  • ママのしてる仕事内容がわかる
  • 労働によってお金を得ることで、お金の大切さを感じる(むやみやたらおおいおねだりも減る)
  • 自ら積極的にお手伝いをする
  • 目標に向けて頑張る
  • 家事が少しずつできるようになる
  • 硬貨の金額を覚える

 

デメリット

  • お手伝いの目的がお金になってしまう
  • すぐお金ちょうだいと言ってくる

 

こんなところでしょうか?

私はデメリットを上回るメリットを感じているので、納得しています。

やはりママが納得できているかが肝心だと思います。

 

ママが重要視するメリット

わたしが、重要だと思うのは

  • 家事ができるようになる
  • むやみやたらなおねたりが減る

 

この2つです。

 

まず、家事ができるようになる

これって、自分を振り返ってもお手伝いって面倒だし、やらずにいったら大人になった時困るんですよね。

正直、小学生からお手伝いなんてよっぽど素直な子以外は無理だと思います。

1番素直な幼稚園児のうちにお手伝いが習慣付いている方が確実に良いと感じました。

プリントと一緒かも^^;

とにかく習慣づけるなら幼稚園のうちにって事ですね。

 

次に、おねだりが減る

意外に子供って、おねだりしてきますよね?

やたら、何か買いたいといったり、対して必要でないものを欲しいといったり。

それを、言われた時にお小遣いで買ってね。って言えるんです。

でも、本人は本当に欲しいものがあるから我慢するんですよね。

だからやたらと欲しがることが少し減りました。

もちろん必需品や文具はママが買うし、大人のお買い物を待ってくれた時にガチャガチャなんかをやることもあります。

 

今日書店を通りかかった時も、

長女「わ〜プリキュアの雑誌だ〜♡でも、本物のペンダント買うから買わないの。我慢できるんだ〜」

 

と言っていました。

 

まとめ

お小遣い稼ぎをスタートしたことによって、色々な気づきがありました。

また、金銭感覚も子供のうちから養われた方がいいな〜と感じました。

 

小学生になったら、

労働所得×不労所得

についても教えていきたいなと思います(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡︎

 

長女が狙っているペンダント

 

こんな記事も書いてます。

 

 

www.na-tanmamalady.life

 

 

www.na-tanmamalady.life

 

 

【食育】年少4歳とお菓子作りその2

4歳から始めるお菓子作り

4歳になってから本格的にお菓子作りを始めた長女。

お菓子作りは続いています!

前回の記事↓

 

 

www.na-tanmamalady.life

 

 

ばあばとクッキー作り

ママがお仕事の間にクッキー作りをして、プレゼントしてくれました!

f:id:na_tanmama:20190211010329j:image

f:id:na_tanmama:20190211010340j:image

 

ママとゼリー作り

カルピスとミックスベリーで、簡単寒天ゼリー。

私の兄と奥さんが来た時に一緒に食べました(^^)

f:id:na_tanmama:20190211010345j:image

お友達とチョコ&クッキー作り

お友達とチョコと、クッキーを作りました。

チョコは型にはめるだけで簡単。

子供のお菓子作りに最適です!

クッキーはママが生地まで作っておいて、型抜きから。

f:id:na_tanmama:20190211010416j:image

お菓子作りの第2段階

ママや、ばあばと作るのから、お友達と作るところまで発展してきました。

一緒に作って食べるのはとても楽しいようです。

これから一、二カ月に一度くらいはお友達とクッキング部なんかもいいかなーと思っています。

 

今後の予定は?

  • お友達と月に一度くらいクッキング部!
  • ママやばあばともお菓子作りを継続
  • グミ作りに挑戦!

 

ママ的には、今後グミに挑戦したいと思っています。

子供ってグミ大好きだけど、なんだか体に悪そうなグミばかり食べるから^^;

一度手作りを作ってみたいです。

 

お菓子作りのメリット

  • 手先を使う
  • どんな材料でお菓子ができているのかわかる
  • どんな方法でお菓子が出来上がるのかわかる
  • 人にプレゼントする体験を得る
  • 人に喜んでもらいたいという気持ちを味わう
  • お友達と楽しさを共有できる

 

お菓子作りは、色々な体験のできる素晴らしい取り組みだと思っています。

お菓子作りを通じて、沢山の体験をしていってほしいと思います!

 

まとめ

  • お菓子作りは年少から楽しめる!
  • お友達と作るのも楽しい
  • 沢山の体験や経験を得ることができる

 

お菓子作り、本当におススメです!

土日の過ごし方にも特におススメ!

家でずっとテレビを見るより、子供と楽しくお菓子作りをしませんか?

子供も喜ぶこと間違いなしです♪